「略歴」

新 義隆(あたらし よしたか)

昭和三十二年
(1957)
武蔵国小手指ヶ原の辺り(埼玉県所沢市)に生を受ける。父市郎は刀剣鑑定家(1923生1991没)。兄光忠は漆芸家(1951生)。
昭和五十四年頃
(1979)
兄に漆芸の手解きを受ける。
平成元年
(1989)
坂東一工房を興す。
平成九年頃
(1997)
漆刀を作り始める。


自画像その1

*坂東一工房 新義隆の「略歴」
「個展」の歩み
「グループ展」の歩み
「その他」

メニュー トップページ 漆と刀のご説明 作品のご紹介 略歴・個展などのご紹介 お問い合せ 展示会のお知らせ